TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

SCHOOL

Macを高速化するメンテナンス&設定





こんにちは、昨日の昼から今日の朝までお酒を飲んでしまい、
まだお酒が抜けていないトミオカです。

日頃Macで作業をしていると、
すぐカーソルがクルクルと回ってしまったり、動き自体が遅くなったりしますよね。

そんな時にMacの負担を少しでも軽減できる、
ちょっとした設定やメンテナンス方法についてご紹介していきたいと思います。

デスクトップの整理

デスクトップにギアルやフォルダが多く残っていると
Macのシステムに負担をかけてしまいます。

作業をしているとたまりやすい部分ではあるので、
まめに整理してデスクトップにはデータが残らない状態を維持すると良いと思います。

自動ログインアプリケーションの設定

よく使用するアプリであれば良いのですが、
こちらも多くなりすぎると起動に時間がかかてしまうので、
不要なアプリケーションは自動ログインは削除することをおすすめします。

「システム環境設定」 → 「ユーザとグループ」の「−」ボタンで簡単に削除が可能です。

Dockのアニメーション設定

DockのアニメーションにもMacに負担がかかるので可能であればチェックを外すのがおすすめです。

また「Dockを自動的に表示/非表示」にチェックを入れることで、
多少の負担軽減になるので入れておきましょう。





視差効果と透明度の軽減

視差効果というのは、画面が切り替わる際のモーションエフェクトなどがそれにあたるものです。

透明度はメニューバーやFinderの半透明の部分にあたるものです。

視差効果は減らし、透明度は下げるころによって多少の負担軽減をすることができます。

綺麗なエフェクトですが、作業速度を優先する場合はチェックを入れることをおすすめします。

「システム環境設定」 → 「アクセシビリティ」 → 「ディスプレイ」 → 「視差効果を減らす」
「システム環境設定」 → 「アクセシビリティ」 → 「ディスプレイ」 → 「透明度を下げる」

通知の設定

必要のないものの通知は、Macの負担に影響します。
こちらも必要なもの以外は通知をきりましょう。

作業中はTimeMachineはoffに

バックアップを常に行ってくれる便利な機能ですが、
こちらもMacに大きく負担をかけてしまいます。

作業中だけでも「off」にすることをおすすめします。

使用しないアプリの削除

普段使わない不要なアプリは、削除をおすすめします。
自動アップデートなども行うので、Macへの負担は大きいものです。



OnyXを使用

こちらMacのメンテナンスアプリとしては、すごく優秀で便利です。

細かい使用方法は今度ご紹介させてもらいますが、
キャッシュのクリア、クリーニング等を自動でやってくれて
入れておいて損はないと思います。

・ダウンロードはこちら(Mojaveにも対応)
https://www.titanium-software.fr/en/onyx.html

セーフモードでキャッシュクリア

「shift」を押しながらMacを起動するとセーフモードという状態になり、
起動ディスクとメンテナンスや不要なキャッシュクリアをおこなってくれます。
Macのアップルロゴが出るまで「shift」を押し続け、その後再起動すればメンテナンス終了となります。

OS再インストール

こちらは最終手段としておすすめなのですが、
Macを初期化して、綺麗な状態に戻す作業なのでデータのバックアップは必ず行ってください。

初期化=データは消えるので、どうもMacの動きが改善した時、最終手段として行いましょう。

ただ時間がかかるので、是非時間に余裕がある時に試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回ご紹介した、Macを高速化するためのポイントは

・デスクトップの整理
・自動ログインアプリケーションの設定
・Dockのアニメーション設定
・視差効果と透明度の軽減
・通知の設定
・作業中はTimeMachineはoffに
・使用しないアプリの削除
・OnyXを使用
・セーフモードでキャッシュクリア
・OS再インストール

ちょっとした設定と、日頃のメンテナンスだけで、
だいぶMacの作業スピードがあがると思います。

日頃使っていると、少しづつパフォーマンスが落ち、
購入時に比べMacへの負担が大きくかわります。

ちょっとしたことで少し負担を減らすことができるので
是非やってみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。