TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

SCHOOL

PDFファイルを簡単に暗号化(パスワード化)する2つの方法(Mac)




PDFはMacでもWindowsでも同様の見え方ができる便利なフォーマットファイルです。

デザイナー以外の方でも使用することは多いと思うのですが、
セキュリティ管理のため暗号化(パスワード)をかけてやりとりすることも多いのではないでしょうか?

そこで今回はPDFファイルを簡単に暗号化する方法を、
2つご紹介していきたいと思います。

プレビューを使用して暗号化(パスワード化)

デフォルトの状態だとこちらです。

ページの内容まで丸見えでセキュリティが弱い状態です。

開き方は、プレビューアプリアイコンにそのままドラッグするか、

副ボタンクリックでアプリケーションを選択してください。

プレビューのメニューバーから
「ファイル」 → 「書き出す」を選択してください。

書き出し設定のウィンドウが現れるので、
「暗号化」にチェックを入れ、設定したいパスワードを入力します。

「確認」項目にも同様のパスワードを入力します。

これで完了です。
アイコン自体も鍵のマークになり、暗号化(パスワード化)の設定ができました!




Adobe Acrobatを使用して暗号化(パスワード化)

続いて2つ目の方法です。

開き方は、「Adobe Acrobat」アプリアイコンにそのままドラッグするか、

副ボタンクリックでアプリケーションを選択してください。
(Adobe Acrobatはデフォルトに設定されているので、ファイルをダブルクリックでも可能です。)

「Adobe Acrobat」のメニューバーから、
「ファイル」→「プロパティ」を選択してください。

「セキュリティ方法」のプルダウンがありますので、
「パスワードによるセキュリティ」を選択してください。

「文章を開くときにパスワードが必要」にチェックを入れ、
設定するパスワードを入力してください。
(右側にセキュリティ自動判定のメーターがあり、パスワードが複雑な程高くなります。)

これで完了です。

印刷や編集を制限する(おまけ)

Adobe Acrobatでは印刷や編集に関してもセキュリティ設定が可能です。

「文章の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要」にチェックをいれ、
「印刷を許可」項目と「変更を許可」項目を「許可しない」に設定してください。

「文章を開くパスワード」とは別のパスワードを設定します。

完了したら、再度パスワードの入力が求められるので、
「文章を開くパスワード」と「権限パスワード」を入力して保存すれば完了です。

この設定をすると、印刷と編集ができなくなるので、
「権限パスワード」による解除が必要をなります。

「セキュリティ設定」→「権限の詳細」 を開きます。

権限パスワード入力画面が出てくるのでこちらを入力し、権限設定を解除してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

PDFの暗号化は僕自身も頻繁に使用するのですが、毎回忘れてしまいます。

とても簡単な作業なので、是非ブックワークしてくださいね!

最後までご覧頂きありがとうございました!
少しでも参考になれば幸いです!