TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

VIDEO

SPEED

Illustrator ポリゴンスタイル【SPEEDART】

こんにちはトミオカです。

今回ご紹介する動画は、
Illustratorによるポリゴンイラストの作り方です。

Photoshopでも制作は可能ですが、
微調整する際に融通がきくベクターデータでの作り方です。

ビデオチュートリアルはこちら

ベースとなる画像を配置します

ポリゴンデータにする元画像を用意します。

今回はリンゴの画像を用意し、アートボードに配置しました。

画像に透過をかけ、レイヤーでロックすると作業がしやすいと思います。

画像のライティングに合わせ、ペンツールで三角形を描く

画像のライティング(影や光の濃淡)に合わせて描いていきます。

そうすることによって着色した際に画像のライティングをそのまま表現することができます。

整列パレットを使って、各アンカーポイントを揃える

整列パレットを使用して、三角形を綺麗にしていきます。

まず「ダイレクト選択ツール」で合わせるアンカーポイントを一気に選択します。

整列パレットの「垂直」「水平」の中央揃えをクリックし、
アンカーポントを整列させます。

輪郭やライティングからずれた部分を微調整

ここから綺麗に微調整を行います。

大雑把に面を描いたので、画像の輪郭やライティングからずれた部分を調整していきます。

この時にベース画像の透過を100%に戻し、調整していくとやりやすいと思います。

スポイトツールで画像の色を吸い取り、着色

最後に「線」になっている三角形に着色をしていきます。

三角形を選択したら、スポイトツールでその部分の画像の色を吸い取ります。

着色した三角形は「command」+「3」で隠していくとやりやすいと思います。

完成です

まとめ

いかがだったでしょうか?

かなりアナログで大変な作業にはなりますが、
Photoshopで行うより確実で、微調整も可能なので、
一度Illustratorでやってみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。