TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

WEB DESIGN

WEBデザイナーになるには(経験による独断と偏見)

こんにちは、ART DIRECTORのトミオカです。

WEBデザイナーになってから早5年たちましたが、
ありがたいことにとても忙しくお仕事をさせていただいております。

ただ実際どんなことをやっているの?どうやったらなれるの?
という疑問を持たれている方も多くいると思います。

そんな疑問に少しでも答えられるよう、
短い経験によるものですがご紹介していければと思っております。

WEBデザイナーとは

会社によって役割は異なるとは思うのですが、
かんたんに言うとWEBサイトの見易さやブランディングのために、
レイアウトだったり装飾をするお仕事です。

デザインだけ担当する会社もありますし、そのままコーディングまで担当する会社もあると思います。

グラフィックデザインでは、決められたサイズでデザインするのが当たり前なのですが、
WEBデザインはそのような制限がなく、縦にいくらでもデザインができるし、
動きによる表現方法も数多くあります。

僕がWEBデザイナーになった決めてとしてはそこが大きな理由で、
無限の可能性があるからこそ、最適な見栄えや表現を考えてデザインするのが楽しそうに思えたからです。
(実際今も思っています。)

WEBデザイナーに向いてる人、不向きな人とは

一概には言えないのですが、
デザイナーだからって黙々と作業をすればいいってわけではありません。
仕事をする上で、コミュニケーション能力は必須で、
クライアントや代理店との打ち合わせも数多く発生します。

その場でデザインのことがわかる人はもちろん自分だけなので
しっかりとアドバイスや意見を言えなくてはなりません。
ただこれはWEBデザイナーに限ったことではないですけどね。

自分の意見も言えず、与えられた仕事だけやるのもつまらないですよね。

またデータの作り方も独特な面があるので、
最初に覚えなきゃいけないことはたくさんあると思います。

WEB業界は技術の移り変わりも激しいので
どんどん新しいことに挑戦したいという、好奇心旺盛な方が向いているのではないでしょうか。

WEBデザイナーになるためにやったこと

僕が一番おすすめしているのは、最低限HTMLとCSSは覚えておいたほうがいいと思います。

フロントエンドの方と同じレベルとまでは言いませんが、
WEBサイトを作る上での仕組み、コーダーがどうやってサイトを組み上げるのか。
その知識ぐらいは必要最低限だと思います。

またWEBデザイナーはコーダーとのやりとりも多いので、
意図しない状態で上がってきた時に、これはこうやればできるでしょ?と説得できるくらいじゃないと、

思った通りのサイトを作るのに時間がかかってしまいます。

僕の場合は、休日を使用して学校に通ってました。
教習所みたいに修了期限だけ定められていて、後は自由に動画を見て勉強するというものでした。

もちろんわからない際は講師に聞くこともできました。

時間に融通もきいて、なおかつ自分のペースで勉強できたのがよかったですね。
費用はあいまいなのですが、20万弱かかったと思います。

WEBデザイナーのハードル

僕個人の考えではそれなりに高いと思っています。(自分が大変だったから)

先ほど話したように、そもそもデータの作り方が違うので
そっちに意識がいってデザインに集中できなかったり、
技術の移り変わりが激しいのでついていけなかったり。。

僕自身はWEBデザイナーになりたいって気持ちが強かったのと、
3、4年ほど根気よく教えてくれる上司に出会えたのが大きかったです。

また独学でWEBデザイナーになれるの?
っていう質問をよくされますが、
実践が一番の近道だと思ってます。

WEB用語をいくら覚えたって、いざデザインする時に使えないですからね。

思い切ってデザインしてみて、色々失敗をし、
その上でWEBデザインのスキルを覚えるべきだと僕は思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

そもそも何をするにも知識と経験が必要かなと思いますので、

動き出してみるのが一番だと思います。

僕の経験談のみでお話しているので、
もっといい方法ももちろんあると思いますし、
自分で見つけていくのもしっかりと勉強につながると思います。

リスクを考えて動かないよりかは、やって失敗したほうが得るものも大きいのではないかと思います。
(ちょとかっこいいこと言いました。)

少しでも参考になれば幸いです。