TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

FREELANCE

SNS運用で知った、フリーランスが1つのことをやり続けることの大切さ





こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

本サイトをリリース(2019年4月1日)してから約1年弱経過しました。

フリーランスとして開業(2020年1月)してからはまだ5ヶ月と日が浅いですが、
色々な面で変化した部分、そして見えてきた部分がたくさんあり、本稿を執筆しようと思いました。

「継続は力なり」という言葉がありますが、
はじめてのことを継続することは、中々難しいことだと思います。

中々結果がでず諦めてしまったり、
途中で楽しく活動ができていないことに気づきやめてしまったり。

でも僕のようなフリーランスで先が見えない状態では、
とにかく「続ける」という選択肢しかありませんでした。

表題の通り「SNS運用」もそうだし、
「ブログの執筆」、「YouTube」などたくさんの挑戦を始めたのが約1年前になります。(正確には前後しています)

何をしても続かない。結果が出ない。結局自分には無理なんだ。
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
僕が1年続けてきたことで変化した部分を細かくご紹介していきたいと思います。

僕自身がメインとしてきた運用プラットホーム

まずはじめに僕自身が1年間運用してきたプラットホームをご紹介します。

※時系列順

・Instagram
・YouTubeチャンネル
・Twitter
・ブログ(ホームページ)
・note(有料ブログ記事)

主にこちらがメインとなるプラットホームです。

これらのプラットホームを選択した理由

これらを選択した理由はいたって簡単です。

全て無料だから。

そして誰しもが知っているものであり、
個人でも法人でも誰しもが使ったことがあるプラットホームだからです。

最初から意気込んで色々準備をしようと思うと、
それだけで飽きてしまう可能性と、満足してしまう可能性があります。

だから今すぐ始められるものばかりを選びました。

趣味として使用していたものもありましたが、
すべてビジネスアカウントとしてリニューアルをし、少し本気でやってみようと考えました。



それぞれの変化

Instagram

まずはみなさんご存知インスタです。

インスタの開設自体は2016年7月だったのですが、
当初は趣味としてデザインや私生活の画像を投稿していました。

ただ友人や知り合いとの絡みのみで、
なんとなく自分には物足りないツールだなと思っていました。

もちろん「いいね」をもらうと嬉しいのですが、
僕的にはそれ自体に物足りなさを感じていたのも正直なところです。

そこで本格的にビジネスアカントとしてリニューアルをしてみようと考えたのがちょうど一年前です。

そうすれば見てくれる人も多くなり、
色々な接点を増やしインスタを楽しめるんじゃないかと思い始めました。

プライベートの写真などは全て削除し、
デザインのみのアカントとして一覧画面の見た目から見直しました。

そこから本日まで継続した結果がこちらです。

2020年1月
フォロワー:318人

2020年5月
フォロワー:521人

※昨年のアナリティクスが取得できませんでした。。w

YouTube

こちらは今や自分のメインコンテンツになりつつあると自負しております。

これからYouTubeは絶対くるという確信があったので、2019年の2月にチャンネルをスタートさせました。

開設前はとにかく競合のリサーチと、
そもそもYouTubeは好きだったので、YouTubeの魅力は自分自身よくわかっているつもりでした。

ほぼ週1更新というとても遅いペースではありつつも、最初の難関である、
チャンネル登録者数:1000人
過去12ヶ月の総再生時間:4000時間

を約半年で無事クリアし、収益化も可能となりました。

そして一年間継続した結果がこちらです。

2019年5月
チャンネル登録者数:60人

2020年5月
チャンネル登録者数:4,558人

※規約上アナリティクスは非公開



Twitter

Twitterがこの中でも一番疎いSNSでもありました。

何が楽しいのか、なんのためにやるのか。
必要価値というものを全く理解していなかったのが1年前です。

開設自体はもはや5年前ですw

いいねもされないわ、何をツイートすればよいのかもわからずとりあえず登録しただけ。
とにかくやり方がわからないのでフォローをたくさんしましたが、
全然絡みもなくずっと放置をしていました。

ただビジネスとしては絶対必要になるだろうと考え、
こちらもビジネスアカウントとしてリニューアルしました。

その後、必要価値を理解するためたくさん勉強をしました。
そしてアカウントの存在意義を見い出すため、少しずつ有益になる発信をしてきたつもりです。
(それでも基本告知がメイン)

そして一年間継続した結果がこちらです。

2019年5月
フォロワー:90人

2020年5月
フォロワー:382人

ブログ(ホームページ)

ブログを開始しようと会社員時代に開設したこのサイトも、約1年弱経過しました。

今まで文章を書く機会もなかったので最初は苦労をしましたが、
たくさんの記事を書くことができました。

Google AdSenseの審査も無事通過したものの、
やはり現実は厳しいものでPVも収益も伸びずとても苦労をしました。

とはいえ途中からYouTubeに力を入れ始めたのもあり、
気が向いたら執筆。いう形でシフト変更をさせていただきました。

そうこうしてYouTubeを頑張っていたら、一年前に書いた記事が今になって成果を出し始めています。

SEO対策はかなり気を使ってやってきたので、
続けてた結果が少しづつ出てきていると思っています。

一年間継続した結果がこちらです。

2019年5月
PV:月間約1,500PV

2020年5月
PV:月間約7,500PV



note(有料ブログ記事)

noteに関してはプライオリティ的には少し後ろに設定をしています。

ただ最近はYouTubeからの流入が大幅に増えフォロワーも増え始めているので、
今後は力をいれていきたいプラットフォームになります。

唯一1つの有料記事の販売部数も順調で、毎月多くの方にご購入いただくようになりました。

2019年5月
フォロワー:9人

2020年5月
フォロワー:66人

無理をして更新頻度を増やすよりも、続けることが大切

前項でご覧頂いた通り、一気にドカンと伸びているものはありません。

実は僕のコンテンツは、
一度もバズったこともないし、特別メディアに取り上げられたこともありません。

更新頻度もまばらで、ブログに関しては一ヶ月書かないなんてこともよくありました。

それでも辞めなかったのは、
すぐに結果を求めず、黙々と数を積み重ねるべきだと思ったからです。

結果なんてすぐにでるものじゃないし、そこでやめるのはもったいないですよね。

やると決めたら最低2年は続けることをオススメします。

ぶっちゃけやりたくない時もあるし、サボりたい時もあります。

そんな時は無理にやんなくて良いのです。
そのような気持ちでやっても良いコンテンツなど生まれないんじゃないかなと思います。

僕の場合は、気分ものっててウズウズしている時だけコンテンツ制作をするようにしています。

そのほうが作業もはかどるし、納得いくものってできるんですよね。

無理はしなくて良いのです。ゆっくりでもいいから続けることです。

流入経路を意識して、コンテンツごとに重要度を決める

たくさんプラットフォームをもっていても、すべてを完璧にこなすことは不可能です。

自分がやってて一番楽しいことに重点をおきましょう。

例えば僕の場合はYouTubeです。

正直一番大変なんですが、
楽しく動画制作もできるし、流入には一番ベストかなと考えました。

動画は文字や静止画よりも、より色々な想いを伝えやすいし、(僕の場合)
一番自分らしさを出せるんじゃないかと思っていました。

そこでしっかりコンテンツを作っていき、
他にもこのようなコンテンツがありますよ!という宣伝もすれば、
必ず派生して色々なものを見てもらえる機会になると思いました。

僕はYouTubeにメールアドレスを記載していません。

それはサイトに飛んでいただき全体の活動を把握した上で、問い合わせをしていただきたかったからです。

YouTubeが伸び始めてから、サイトからのお問い合わせが格段と増えました。
またSNSでも「いつもYouTubeみてます!」という声をたくさん頂くようになりました。

このような流れがとても大切だと思います。

その上で他のプラットホームでしか見れないコンテンツをしっかりと用意し、
それぞれの存在価値をつくり、運営していけば良いと僕は思っています。



おわりに

いかがだったでしょうか。

正直僕も、早く結果を出したいなーとか思うことがあります。

ただ少しずつでも伸びてきていることが目に見えてわかってきたので、
やり方に間違いはなかったと確信しています。

とはいえ自分のペースでやってきたので、
大変な想いは一切せず、楽しくできてこれたなと思っています。

だって嫌いなことをずっと続けんのは無理なことだし、
続ける意味ってないですよね。

だからまず最初は、自分が好きと思える、楽しいと思えることをしっかり見定めて、
ひたすら続けることを意識してみるのも良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。