TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

Tips

Mac用リネームアプリ「Shupapan」がとても便利!!





みなさん大量のファイルをリネームする時、
いちいち一個ずつリネームしていませんか?

そんな時はちょー便利なアプリがあります!

「Shupapan」!!

その名の通りシュパパーンと簡単にリネームが行えます!

連番処理、検索・置換、文字変換、拡張子処理、タグリネームなどのリネーム処理と、多くのオプション機能を備えています。また、各リネーム機能には豊富な設定や処理が用意されていますので、デジタルカメラから取り込んだ画像ファイルのリネームや、インターネット上からダウンロードしたファイルのリネームなど、様々な用途にご利用いただけます。
ユーザーインターフェースや操作性についても考慮した作りになっていますので、初めてお使いになる方でも、比較的簡単に操作に馴染めるはないかと思います。

引用:Snskysoftサイト

ダウンロード方法

ダウンロード方法はいたって簡単
まずは下記サイトより「最新版をダウンロード」を行います。

続いて「Shupapan」アイコンを「アプリケーション」フォルダにドラッグ&ドロップします。

使用方法

「Shupapan」を開くと下のようなウィンドウが開きます。

次のような手順でリネームを行います。

1、処理の対象を選択

まず処理の対象を選択します。

「ファイルのみ」「フォルダのみ」「ファイル・フォルダ両方」
と選択できるので、「ファイル・フォルダ両方」で問題ありません。

2、リネームしたいフォルダ or ファイルをドラッグ&ドロップ

リネームしたいフォルダ または ファイルを「ファイルリスト」のスペースへドラッグ&ドロップ

※「簡易処理」というタブがありますが、
こちらにドラッグ&ドロップすると瞬時にリネームされてしまうので「ファイルリスト」がオススメです。





3、どのようにリネームするかをプルダウンで選択

左上プルダウンをクリックし、どのような形状でリネームするかを選択します。

たくさんの種類があるので、きっと目的の変更方法を見つけることができます。

4、詳細設定を行う

今回は簡易的に「ファイル名に連番を追加」で進めていきたいと思います。

プルダウン下で細かい設定を行います。

・連番の開始番号

連番は3ケタで「001」から始まる設定にしました。
続いて数字をどのような連番にするかを設定しました。
※今回は1ケタづつ増える連番にするので「1」と設定しました。

・連番位置

元々のファイル名のどの位置に連番を挿入するかを選択します。
今回は「ファイル名の前に追加」を選択しました。

・区切り文字を追加

追加する連番と元々の文字列の区切り文字を設定できます。
今回は「-(ハイフン)」を設定しました。

4・プレビュー&実行

この状態で右上の「実行」をクリックするとリネームが適用されてしまうので
まず「プレビュー」をクリックして確認します。

どのような形でリネームされるかが表示されるので、
この状態でOKなら「実行」をクリックします。

元フォルダを確認すると、すべてリネームされていることが確認できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「連番付きファイル名に変更」を例にご紹介しましたが、

機能が充実していて誰でも簡単に使用することができます。

かなりの作業効率化になるので、
大量のリネーム作業が発生した時に是非活用してみてください!

少しでも参考になれば幸いです!