TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

ARTICLE

Tips

Zipファイル(フォルダ)を簡単に暗号化(パスワード化)をする方法 / Mac




以前PDFにパスワードをかける方法をご紹介しましたが、
今回はフォルダに簡単にパスワードをかける方法をご紹介します。

フォルダ自体にパスワードをかけられると
データの受け渡しなどで、よりセキュリティがあがりますよね!

約1分程で可能なので、是非試してみてください!

暗号化(パスワード化)するフォルダを用意

まずフォルダを用意し、書類やデータを格納します。
フォルダ名は自由に決めていただいて大丈夫です。

今回はフォルダ名を「pass」に設定しました。

フォルダを圧縮

副クリックで「”フォルダ名”を圧縮」をクリックし、Zipファイルに圧縮します。

こちらにパスワードを設定していきます。

ターミナルを起動

「Spotlight」を起動し、「ターミナル」と検索します。

「Spotlight」はデフォルトだと「command + スペースキー」で起動しますが、
ショートカットを変更している場合はメニューバー右端の虫眼鏡マークをクリックしてください。

「Spotlight」を使用すれば簡単に「ターミナル」を探し出せますが、
念のため細かい場所を記載しておきます。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」


ターミナルにて必要な情報を記載しファイルをドラッグ

ターミナルが開いたら、一番最後に
「zipcloak」+「半角スペース」を記述し、Zipファイルをターミナルにドラッグします。

パスワードを入力

「Enter password:」という文字と、カギマークが出現するので、
その状態で設定するパスワードを打ち込みます。
※ターミナル内ではパスワードは表示されません。

パスワードを打ち込んだらEnterキーを押します。

次に
「Verify password:」と鍵マークが出現するので確認用でもう一度パスワードを入力します。
※ターミナル内ではパスワードは表示されません。

パスワードを打ち込んでEnterキーを押すと、
自動で必要な情報を記載してくれるので、これで完了です。

Zipファイルを開こうとすると、暗号化(パスワード化)されているのがわかります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ターミナルは使いこなすととても便利なアプリケーションなので、
これを機に是非使ってみてください。

そもそも、ターミナルって何?って方が多いとは思いますが、
こちらはまた別の記事で紹介できればと思います。

最後までご覧になっていただきありがとうございます。
少しでも参考になれば幸いです。