TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 応用編

イラレ(Illustrator)エンブレムロゴ(Emblem logo)の作り方





こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です。

今回のチュートリアルは「イラレ(Illustrator)エンブレムロゴ(Emblem logo)の作り方 」です。

今回のチュートリアルのポイントは両脇の葉っぱの部分の制作方法なので、
そちらをご紹介していきたいと思います。

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC2020

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5

アートボードサイズ

1920*1080px

カラーモード

RGB



ブラシのベースとなる葉っぱの制作

今回はブラシを使用して両脇の葉っぱを作っていくので、
まずはブラシの元となるオブジェクトを制作していきます。

「ペンツール」もしくは「直線ツール」で縦に一本線を引きます。
こちらが「茎」の部分になります。

続いて「楕円形ツール」を選択して、正円を二つ制作します。

重なっている部分が葉っぱの部分になります。

両方選択した状態で、パスファインダーの「交差」をクリックします。

そうすると葉っぱの形が完成するので、色を「黒」で線を「なし」に変更します。

続いて先ほど描いた線の頂点に重なるような形で葉っぱを配置します。

「shift」キーを押しながら45度回転し、線の右に配置します。
「リフレクトツール」で反対側にも配置し、

下画像のように下部の適当な位置にコピーをします。

続いて上部の葉っぱと、下部の葉っぱを両方選択した状態で、
「ブレンドツール」をダブルクリックして、間隔を「ステップ数」に設定をします。
※数値に関しては、全体の大きさによって調整します。

ショートカット「command」「option」「B」でブレンドを作成します。

間隔が重なっているので、数値を再設定もしくは葉っぱの大きさの変更などをして、
全体のバランスを整えていきます。

※画像では茎の部分となる線に関しても下に長く変更をしております。

間隔が曖昧に見えるのでさらに細かく設定をしていきます。

ブレンドを適用したオブジェクトを選択して、
メニューバーより「オブジェクト」「分割・拡張」をクリックしてパス化します。

オブジェクトのグループを下画像のような状態にします。
※画像ではわりやすいようにオブジェクトをずらしています。

「整列」パネルから「垂直方向等間隔に分布」をクリックし、間隔の調整をおこなっていきます。

あまり納得がいかない場合は、上下の葉っぱの位置を調整して、何度も整列を行なってください。

これで葉っぱの部分は完成となります。

最後に茎のディティールを調整していきます。

「線幅ツール」を選択して、

茎の下部の適当な位置にカーソルを合わせます。そうすると中心に白い点がでてくると思います。

この点が一番下にある状態でクリックをし右に広げていくと、この部分だけ線幅を広げることができます。

今度はこの要領で茎の中央部分を内側に縮めてあげると、太さにメリハリがついた茎を表現することができます。

これでブラシの元となるオブジェクトの完成となります。



②オブジェクトのブラシ登録

前項で制作したオブジェクトをブラシに登録します。

オブジェクトをすべて選択し、ブラシパレットにドラッグ&ドロップをします。

新規ブラシのウィンドウが表示されたら、
「アートブラシ」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

さらにオプションウィンドウが表示されますが、デフォルトで問題ないと思うのでこちらで「OK」をクリックします。
※念の為画像を貼っておきます。

これでオブジェクトのブラシ登録は完了になります。

③ブラシを適用するオブジェクトの作成

まずは楕円形ツールで
「shift」「option」キーを押しながら正円を作ります。

続いて「ダイレクト選択ツール」に切り替え、
右側のアンカーポイントのみを選択して、「delete」キーで削除をします。

次に「アンカーポイントの追加ツール」を選択して、
任意の場所(葉っぱの先端になる部分)をクリックし、アンカーポイントを追加します。

再び「ダイレクト選択ツール」に切り替え上部のアンカーポイントを選択し、「delete」キーで削除をします。

続いて「ペンツール」に切り替え、下部のアンカーポイントから任意で線を伸ばします。
※こちらが茎の先端になる部分です。

これでブラシを適用するオブジェクトの完成です。



④ブラシの適用

曲線のオブジェクトを選択して、先ほど登録したブラシをクリックします。

そうするとブラシを適用することができます。
※大きさなどを調整する場合は線幅を変更すると大きさも変わります。

曲線の形なども変更すると、ブラシの形も調整できるので納得行く形で調整をしてみてください。

調整ができたら「リフレクトツール」に切り替え右側に反転します。

これで両脇の葉っぱが完成となります。

おわりに

今回は省略させていただきますが、
動画では中央のデザイン行程もそのまま収録しているので是非合わせてご覧ください。

このような葉っぱの素材はいくらでも落ちていますが、
簡単につくることができるので、自分のオリジナルのエンブレムを作ってみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。