TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 初級編

イラレ(Illustrator)スパイラル状テキストの作り方





こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

今回のチュートリアルは「イラレ(Illustrator)、スパイラル状テキスト」の作り方です。

「スパイラルツール」と「パス上文字ツール」を使用することで、簡単に作ることができます。

そして今回のポイントが、
「内側にいくにつれてテキストをどんどん小さくする方法」
「テキストを渦上に巻く方法」をご紹介したいと思います。

効率が良い方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください!

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC2019
Adobe Photoshop CC2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5

アートボードサイズ

1920*1080px

カラーモード

RGB



どんどん文字が小さくなるスパイラルの作り方

テキストの準備

まずはテキストを用意します。

とても長くなってしまうので、テキストボックス内にテキストを打っていきます。
※最後に半角スペースを入れておきましょう!

テキストと半角スペースをコピー(command+C)し、ペースト(command+V)します。

この段階で文字を小さくしていくのですが、
一文字ずつ文字を選択するのがとても面倒なので、ショートカットで段落ずつを選択します。

小さくしたい段落の一番最後にカーソルを合わせ、

「shift」+「command」+「←」を押します。

そうすると段落ごとにテキストを選択でき、かなり効率があがります。

この方法を使いって、文字をペーストしどんどん小さくしていきます。

下画像のように文字の大きさを調整しました。

スパイラルツールでオブジェクトを用意

続いてテキストをのせるオブジェクトを準備します。

スパイラルツールを選択します。

画面上で一度クリックをします。

そうするとウィンドウが表示されるので、今回は下画像のような数値に設定しました。

半径:オブジェクトの半径の大きさ
円周に基づく比率:下画像参照

こちら説明がとても難しいので、数値ごとにオブジェクトを準備しました。
印象としては、数値が大きければ大きいほどスパイラルの巻きが強い印象です。

セグメント数:アンカーポイントをつなぐ線の数

先ほど制作したテキストを「command」+「C」でコピーします。

パス上文字ツールを選択します。

そしてスパイラルオブジェクトの上部でクリックをし、

「command」+「v」でペーストします。
そうするとスパイラル上のテキストをつくることができます。

文字の大きさや字間を調整

ここから見栄えを良くするため、微調整をおこないます。

文字の大きさを個別に変更するのは大変なので、
「長体」「平体」を使って文字の大きさをいっぺんに変更していきます。

また「カーニング」で字間等を調整し、見栄えをよくしていきましょう。

これで完成です。





内側に行くにつれて角度が変わるスパイラルの作り方

まず最初に楕円形ツールで正円をつくります。

先ほどと同様、「パス上文字ツール」でテキストを流し込みます。

この時は文字の大きさは揃えておきましょう。

文字の大きさや字間などを調整し、テキストのが綺麗な円になるように調整しましょう。

続いてメニューバーより
「効果」「パスの変形」「変形」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら、下部「プレビュー」のチェックを入れ、
デザインを見ながら調整しましょう!

「拡大・縮小」部分の数値を変更するとオブジェクトの大きさを変更することができます。

次に角度の数値を設定します。
こちらを変更することにより、内側にいくにつれて巻いているようなオブジェクトを作ることができます。

続いてコピーするオブジェクトの数を設定します。

数値の設定が完了したら、「OK」をクリックします。

これで渦を巻いているオブジェクトの完成です。





おわりに

いかがだったでしょうか。

スパイラル上のテキストの作り方はよく知られている方法ですが、
一手間加えるだけでオリジナリティあふれるデザインになるので、
是非挑戦してみてください。