TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 初級編

イラストレーター パターンオプションを使用したパターンの作り方 / Adobe Illustrator CC 2019




こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

今回のチュートリアルは「パターンオプションを使用したパターン」の作り方です。

パターンの作り方はたくさんあるのですが、
今回は「パターンオプション」という機能を使用して制作していきます。

とても便利な機能なので是非挑戦してみてください。

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC 2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.6


①モチーフを用意

まずパターンのモチーフを用意します。

今回はこのような秋のモチーフでパターンを制作していきます。
(動画を秋に投稿したため秋のモチーフになっておりますw)

②パターンオプションでパターン制作

メニューバーより、
「ウィンドウ」→「パターンオプション」をクリックします。

続いてモチーフオブジェクトをすべて選択した状態で
「パターンオプションパネル」の右上の「三本ライン」をクリックし、
「パターンを作成」という項目をクリックします。

するとアラートが出現しますが「OK」をクリックします。
※「スウォッチに自動登録しました!」「編集後も自動登録されます!」というアラートなので問題ありません。

そうすると選択したモチーフを一つの固まりとして、
パターンにした時のプレビューを表示することができました。

また元々の範囲を示している青線を非表示にするには
パネル内の「タイルの境界線を表示」のチェックを外せば非表示になります。



③細かくモチーフの位置や大きさを調整

プレビュー表示をしたことにより、
パターンの仕上がりを見ながら編集が可能です。

元々配置していたモチーフを調整し、違和感のないパターンを制作していきます。

ポイント1:モチーフを大小様々の大きさにする
ポイント2:斜めにしたり反対にする

オブジェクトの位置調整ができたら、
ウィンドウ左上の「完了」をクリックします。

そうすると最初に自動登録したスウォッチの横に、調整後のスウォッチが自動登録されます。

リピートしていないように見せるポイント

早速長方形を作ってパターンを適用してみます。

下画像のようになりました。

このままだと、オブジェクトが整列していて少しつまらない印象なので、
角度を変えることをおすすめします。

メニューバーより
「効果」→「パスの変形」→「変形」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら「角度」の数値を変更していきます。

そうすると「整列感」を少し軽減することとができます。




おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は一番ベーシックな機能のご紹介でしたが、
パターンオプションには他にも様々な機能がありますので、
また別記事でご紹介させていただきますね。

少しでも参考になれば幸いです。