TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 初級編

Illustrator(イラレ)のブラシ機能を使った ロープロゴの作り方




こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

今回のチュートリアルは「ブラシ機能を使ったロープロゴ」の作り方です。

一見難しそうですが、イラストレーターの機能「ブラシ」を使用すれば、
簡単にこのようなテキストエフェクトを作成することが可能です!

それでは早速やっていきましょう!

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC 2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5

アートボードサイズ

1920*1080px

カラーモード

RGB


①トレースのベースとなるテキストを作成

今回は「ロープ」のテキストエフェクトなので、
ロープが流れているような「筆記体」を選んでいきます。

Bahagia(バハギア)

動画で使用しているフォントがこちらです。

こちらをベースにペンツールでトレースしていきます。

②なるべく1本の線を意識して、ペーンツールでトレース

まずはトレースしやすいように、
先ほど用意したテキストに透過を適用します。

そしてロックをかけて準備が出来ました。

あまり神経質にならずに
線が短くならないよう意識してざっくりトレースしていきます。

最終的にロープにするので、
そのことを意識して流れているような線にすることを心がけます。

※ブラシを適用した後でも、パスの調整はできるので、本当にざっくりで大丈夫です。
※多少線がゆがんでても、ブラシを適用すると気にならなくなるので大丈夫です。

トレースが終わったら、元のオブジェクトは「delete」キーで削除し、
少しだけパスの微調整をしていきます。




③ブラシのオブジェクトを1から制作

ロープ感をうまく出してクオリティを担保するために、完全アナログで制作していきます。

あまりきれいにやりすぎると、逆にデジタル感がでてしまい安っぽくなってしまいます。

ペンツールで下のようなオブジェクトを作成していきます。
このとき多少違う形にしたほうがアナログ感がでますよね!

色を変更しました。

次にこのオブジェクトに枠を入れていきます。

オブジェクトを選択した状態で、
メニューバーより
「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」を適用します。

ウィンドウが表示されたら下画像のように設定しました。

オフセット:10px
角の形状:ラウンド

パスのオフセットとは

対象となるオブジェクトに数値を設定し、
拡大、もしくは縮小したオブジェクトを作成することができます。

作成したオブジェクトに、濃い目の茶色を適用しました。

続いて、ロープのしわをペンツールで描いていきます。

ここも一つ一つ描くとアナログ感がでますよね!

ベースとなるオブジェクトは完成です。

ただこれをブラシにしたいのですが、
ブラシとはオブジェクトをリピートして一本の線として繋げるので、
このままだと切れ目などが見えてしまいます。

そのためリピート(繰り返し)したときに違和感ない形にすることが必要です。

リピートオブジェクトの作り方

まず一番左のオブジェクトの左ぐらいからぐらいから、
右側すべてが入るような長方形を作成します。

続いて、一番左のオブジェクトと長方形を右側にコピーします。
※このとき「shift」キーを押しながらコピーし、横位置まっすぐにコピーしてください。
※2つの長方形の両端がぴったりの位置まで移動させます。

次に左の3つのオブジェクトはロックして選択できないような状態にして、
「ダイレクト選択ツール」に切り替えます。

下画像の部分を選択します。

そしてカーソルキーの左を押していき、つながっても違和感ない位置まで移動していきます。

そしたら右側の長方形は「delete」キーで削除し、
左側の長方形は「線なし、塗りなし」にして最背面に移動します。

すべてのオブジェクトを選択し、
ブラシパレットにドラッグ&ドロップします。

すると下のようなウィンドウが表示されます。

「パターンブラシ」にチェックをいれ、更にウィンドウが出るので、そのまま「OK」をクリックします。

これでブラシは完成です。


④トレースしたオブジェクトにブラシを適用

先ほどトレースした線をすべて選択し、作成したブラシをクリックします。

おっとでかい!w

ブラシは制作したオブジェクトの大きさのまま適用されるので、
線幅の数値を変更して大きさを調整します。

ブラシが少しおかしくなっているところは、
線を滑らかにしてあげると綺麗に表示してくれます。
※カーブが急だったりすると、ブラシがおかしくなります。

下画像のような大きさまで微調整しました。

⑤ロープの端をアナログで作成

ロープの端っこって「もじゃもじゃわしゃわしゃ」ってしていますよね。

ここもアナログでしか作れないので、ペンツールで制作していきます。

少し形がいびつですが、こちらをすべての端に置いていきます。

おわりに

最後にお好みでシャドウをつけたり、背景をつけたら完成です!

今回は「ロープ」というテーマで制作しましたが、
このブラシ機能を使えば、チェーンだったり飾り罫だったりなんのモチーフでもできるので、
是非挑戦してみてください。

少しでも参考になれば幸いです。