TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 応用編

イラレ(Illustrator)SLINKY(スプリング状バネのおもちゃ)の作り方





こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

今回のチュートリアルは「イラレ(Illustrator)SLINKY(スプリング状バネのおもちゃ)の作り方」です!

最近ブレンドを使用したエフェクトをよく目にしますが、
こちらのスリンキー状のテキストも、ブレンド機能で簡単に制作することができます。

それでは早速やっていきましょう!

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5

カラーモード

RGB

①ベースとなるテキストを「線」で制作

まずはスリンキー状にするベースのテキストを準備します。

ここで注意するのが、「線」でテキストを制作することです。
まずは「S」のみつくってみましょう。

「楕円形ツール」で作った正円を下画像のように上下ぴったりに配置します。

次に「S」の形になるように、
「ダイレクト選択ツールで」不要なアンカーポイントを削除していきます。

続いてアンカーポイントを「連結」していきます。

交わるアンカーポイントを2つ選択をして、
ショートカット「command」+「J」で「連結」をおこないます。

次に、より「S」の形に近づけるため、
「ペンツール」で下画像のように上下に線を追加します。





②ブレンド機能でスリンキー状の楕円を制作

続いて「楕円形ツール」で少し小さめの正円を制作します。
※こちらがスリンキー状の円になります。

こちらを「S」のアンカーポイントの「最初」「真ん中」「最後」に配置します。

3つの正円を選択した状態で「ブレンドツール」をダブルクリックします。
ウィンドウが表示されたら下記のように設定します。

ステップ数:40

こちらで「OK」を押します。

ショートカット「option」+「command」+「B」を押し、ブレンドを適用します。

そうるすと3つの正円を繋げた「ブレンド」が完成します。

こちらを「S」に沿った形にするため、
ブレンドを適用したオブジェクトと「S」の両方を選択した状態で、
メニューバーより
「オブジェクト」→「ブレンド」→「ブレンド軸の置き換え」をクリックします。

これで「S」に沿ったスリンキーの完成です。

③他の文字も作成

同様の手順で他の文字も制作していきます。

文字によってブレンドの密度が変わってくるので、任意で調整していきましょう。





④各正円に配色

続いてブレンドの元となる正円に色を塗っていきます。

こちらも任意の色で大丈夫です。

ブレンドを適用させているため、何色に設定しても綺麗なグラデーションにしてくれます。

色が塗り終わったら、雰囲気を出すために背景を黒に変更しました。

⑤光を演出していく

新たに正円をつくり、白 → 黒の「円形グラデーション」を適用します。

こちらを光を当てたい部分に配置していきます。

ブレンドを適用したオブジェクトを
ショートカット「command」+「C」→「command」+「F」で複製します。

複製した各ブレンドテキストに対して、

メニューバーより
「オブジェクト」→「分割•拡張」をクリックし、
パスの状態に変換します。

続いて「パスファインダー」「合体」をクリックし、
一つのオブジェクトに変換します。

こちらのオブジェクトを「最前面」にした状態で、
先ほど作った円形グラデーションのオブジェクトも一緒に選択し、
ショートカット「command」+「7」「クリッピングマスク」を適用します。

そうするとはみ出した円形グラデーションが綺麗に文字内に収まりました。

同様の手順でそれぞれのテキストにも反映させましょう!

次にスリンキーのグラデーションに合わせ、
円形グラデーションに色を適用させます。
※この時スリンキーの色より、少し明るめの色に設定してあげると、光を演出することができます。

任意で影などをつけて完成です。





おわりに

いかがだったでしょうか。

このブレンド機能はかなりの優れもので、
オブジェクトに対しても、色に対しても適用することができるので、
このようなエフェクトも簡単に制作することができます。

是非やってみてくださいね!

少しでも参考になれば幸いです。