TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 応用編

がさがさテクスチャビンテージロゴの作り方(Illustrator Photoshop チュートリアル)




こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

今回のチュートリアルは「がさがさテクスチャビンテージロゴ」の作り方です。

がさがさのベクターデータを上にのせる方法や、ブラシなどを使って質感を出すなど、
方法は数多くありますが、
今回はphotoshopの標準機能を使用して作っていきたいと思います。

それでは早速やっていきましょう!

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC2019
Adobe Photoshop CC2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5


①文字列、フォントを選定

ただ単にがさがさのテクスチャをつけるだけじゃつまらないので
今回は「ビンテージ」をテーマに制作していきます。

まずはテキストを打ち込んでフォントを適用させていきます。

今回は
「Texture」「GRUNGE」「VINTAGE」「PHOTOSHOP TUTORIAL」
という文字列にしました。

ここで「Texture」のみをクセのあるフォントにし、
他は可能な限りシンプルなフォントに設定しました。

ロゴに限らずなんですが、
全体的にメリハリをつけるという意味合いと、
あまりくせが強いフォントばっか使ってしまうと、
逆に読みづらくロゴとしての役割を満たさなくなってしまうので気をつけましょう。

②メリハリに気をつけてレイアウトしていく

どこを強調していくのか、
全体のプライオリティーを意識してメリハリをつけていきます。

がさがさテクスチャをつけた時に質感がわかりやすいよう、
リボンなどを追加して黒い面を増やしました。

ここでこだわってあげると、最終的なクオリティが大きく変わってきます。


③ランダムに配置された、太陽のラインモチーフをいれていく

まず縦に一本線を入れます。

続いてその上下に短い線を追加します。
「command」+「G」でグループ化をしておきます。

オブジェクトを選択した状態で、
メニューバーより
「効果」→「パスの変形」→「変形」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら、
「プレビュー」にチェックを入れて作業を行います。

下画像のように数値を設定しました。

角度:9度
コピー:19(動画では20ですが、19で問題ありません)

そうすると放射状のラインを作ることができます。

こちらをパスの状態にする必要があるので
メニューバーより
「オブジェクト」→「アピアランスを分割」を適用します。

すべてパスの状態になりました。

放射状のオブジェクトをすべて選択し、
「shift」+「command」+「G」を一度クリックしグループ解除を行います。

下画像のようなグループは維持しているので、その状態までもっていきます。
※このグループ状態にしておかないと、次の行程がうまくいかないので注意しましょう。

次にロゴの下に置いて様子をみます。

続いて
メニューバーより
「オブジェクト」→「変形」→「個別に変形」をクリックします。
※「個別に変形」とはグループ化がかかっているものを一つのオブジェクトとして考え、
オブジェクトに個々の変形を行うことが可能です。

先ほどのグループ化はここで意味をもつようになります。

ウィンドウが表示されたら、
右下の「ランダム」にチェックをいれ、「拡大縮小」部分の数値を変更します。

水平方向:80%
垂直方向:80%

するとラインをランダムに変形してくれます。

※名前の通りランダムに変形なので、毎回違う形で変形してくれます。
一番良いと思う形で「OK」をクリックしてください。

④視認性をあげるため、ロゴ部分に白ふちをつける

まずテキスト状態のロゴを、すべてアウトラインします。

すべて選択して
「shift」+「commmand」+「o」でアウトライン化し、
テキストに線がある場合は
メニューバーより
「オブジェクト」→「分割•拡張」をクリックします。

そうすると線部分もパスに変換できるので、
簡易オブジェクトになるよう
パスファインダーパネルより「合体」を適用させます。

そうすると簡略化されたオブジェクトへの変換ができました。

続いてロゴ部分(テキスト部分)を全部選択し、
メニューバーより
「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」をクリックします。

下画像のような数値に設定しました。

オフセット:20px
角の形状:ラウンド

そうすると元のオブジェクトから「20px」広げたオブジェクトを作成することができます。

※パスのオフセットをした時に、元のオブジェクトとグループ化されている可能性があるので、
「command」+「x」→「command」+「f」で元のオブジェクトと切り離しましょう。

こちらもパスファイダーの「合流」を適用し、
簡略化したオブジェクトに変換しておきましょう。

こちらのオブジェクトをさっき制作した「太陽モチーフ」の前面に移動し、
白に変換しましょう。

そうするとフチができて、視認性もあがりました。

ここでロゴは完成です。


⑤Photoshopに移動し、白いオブジェクトを削除

続いて、このロゴを「command」+「c」でコピーし、
photoshopに移動して「command」+「v」でペーストしましょう。

※背景は雰囲気を見るためフリー素材の画像を使用しております。
※アートボードもイラストレーターと同じサイズです。

続いて白いベタ塗りが残っているので、ここを抜きの状態にしなければなりません。

まずコントロールバーの「隣接」のチェックを外します。
※こちらのチェックを外すと同じ色を一気に選択ができます。

「選択ツール」をクリックし、「VINTAGE」の部分をクリックします。

そうすると白ベタの部分を一気に選択することができました。

 

後は「delete」キーを押して削除しましょう。

⑥メゾティントでテクスチャを適用

いよいよテクスチャを適用していきます。

ロゴのレイヤーを選択した状態で、
メニューバーより
「オブジェクト」→「ピクセレート」→「メゾティント」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら、
下画像のような設定にしました。
※「種類」のプルダウンでテクスチャの種類が選択できます。

テクスチャが適用されました。

ただ「VINTAGE」の視認性が悪くなったので、内側に光彩をつけていこうと思います。

「ロゴ」レイヤーをダブルクリックします。
するとレイヤースタイルのウィンドウが表示されます。

「光彩(内側)」にチェックを入れ、
数値を下画像のように設定しました。

 

すると視認性がだいぶあがり、雰囲気もでましたね!

こちらで完成です。


おわりに

いかがだったでしょうか。

デザインする上でテクスチャを使う機会ってたくさんあると思うので、
こういう機能を知っているととても便利ですよね!

フォトショップにデフォルトでついているので僕自身も大変助かっています。

ロゴさえできてしまえばフォトショップでいくらでも加工ができるので、
是非試してみてください!

少しでも参考になれば幸いです!