TOM CREATIVE(トム クリエイティブ)

MENU

TUTORIAL

Ai 応用編

イラレ(Illustrator)マッピング機能をつかったリングロゴの作り方





こんにちはトミー( @TOMCREATIVE106 )です!

イラストレーターに3D機能があるのはよく知られていますが、
「マッピング」機能というものをご存知ですか?

実はかなりの優れものなんです!

こちらの機能は、3Dで制作したものに平面で制作したオブジェクトを貼り込める機能です。

ビデオチュートリアルはコチラ!

使用アプリケーション

Adobe Illustrator CC2019

使用OS

macOS Mojave バージョン10.14.5

アートボードサイズ

2000*1000px

カラーモード

RGB

①ベースの3Dを制作

今回はドーナツ型の3Dに文字列をマッピングを行います。

そのために3D機能でドーナツを制作していきます。

最初に「楕円形ツール」で正円を作ります。

メニューバーより
「効果」→ 「3D」 → 「回転体」をクリックします。

3D回転体ウィンドウが表示されたら、任意で数値を打ち込みます。

動画では「100*100px」の楕円に対して、
45°
35°
-30°
遠近感:0
角度:360°
オフセット:160pt

に設定しました。

OKを押すと3Dのドーナツが完成します。



②マッピングする文字列を制作

次にマッピングする文字列を制作します。

「文字ツール」を選択し、任意で文字列を打ち込んでいきます。
※もちろんフォントも自由に決められます。

一面にテキストを敷くために、今回は文字列を4段にしました。

完成したら、すべてを選択し「シンボル」パレットにドラッグします。

「シンボル」に登録すると、マッピング対象として選択することが可能になります。



③マッピング機能で文字列をマッピング!

続いて3Dのオブジェクトを選択し「アピアランス」パレットを見ると、先ほどかけた3Dが表示されています。

ダブルクリックすると再度編集ができるので、3Dウィンドウを表示させます。

左下に「マッピング」というボタンがあるのでクリックします。

そうすると罫線が引かれた画面が表示されます。

これはドーナツ型の3Dの展開図で、
ここに先ほど登録した「シンボル」を敷くことができます。

左上の「シンボル」プルダウンのから、先ほど登録した文字列を選択します。

すると3Dの展開図にシンボルが引かれ、
「プレビュー」にチェックをいれると、3Dオブジェクトに文字列がマッピングされているのがわかると思います。

位置関係などが気に入らない時は微調整も可能で、
プレビューを見ながら調整してみてください!





④任意で調整

マッピング機能はこちらで終了ですが、
もともとの3Dを削除して、ベクターのテキストのみにする作業をご紹介します。

3Dオブジェクトを選択して、メニューバーより
「オブジェクト」 → 「アピアランスを分割」をクリックして3Dをパスの状態に変換します。。

続いて
「パスファインダー」パネルの合流をクリックします。

その後スミ文字部分のみを共通選択で隠し、
3D部分を削除すれば、完成です。

おわりに

さらに動画では、2つの3Dをつなげる部分までを紹介しています!

是非ご覧になってください!

お疲れ様でした!